主の平和  カトリック木更津教会 

カトリック木更津教会 公式ホームページ(東京大司教区 SINCE1952 教会堂名:聖コールマン)


教会ニュース
2017年11月26日(日)王であるキリスト
  • クリスマスマーケットが開催されました。
    • 大勢の方に来て頂き 楽しい一日を過ごすことが出来ました。


2017年11月12日(日) 七五三の祝福式
   
  • 子どもたちの健やかな成長を願い、七五三の祝福が行なわれました。
  • 午前と午後のミサにて2回おこなわれました。
         


 2017年11月5日(日) 建墓式
  • 秋晴れの下、念願の教会の共同墓地の建墓式が行われました。
  • ミサの後に約40人の方々とともにお祝いし、神父様の祝福を頂きました。
  •  
     

2017年11月5日(日)年間第31主日  合同追悼式
  • ミサの中で「追悼願い」400枚以上に記された名前を一人ひとり読み上げていただき、心を合わせて祈りを捧げました。

 訃報
  •  デビッド・パドルノス神父様が8月18日(金)、午前0時10分に、アメリカ合衆国ロードアイランド州ブリストル市で帰天したとのお知らせが入りました。享年72歳。
  •  故デビッド・パドルノス神父様は、1971年9月、聖コロンバン会の司祭として来日、東京教区において40年以上に亘って、司牧に従事してこられました。2003年4月〜2011年3月まで木更津教会主任司祭として従事してくださいました。
  •  どうぞ、神父様の永遠の安息の為に、お祈り下さい。

2017年7月 信徒会館に電子パイプオルガンを設置しました。
  •          

2017年6月18日(日)キリストの聖体
   
   初聖体式が行なわれ、2名の子どもたちがお恵みをいただきました。

ドキドキ
初めてのご聖体の味は?



みんなで乾杯!


2017年6月4日(日)聖霊降臨の主日
  • 敬老のお祝い会が催されました。
    • ミサの中で病者の塗油を授けて頂きました。
    •    
    • ミサ後は信徒会館でお祝いのパーティーがありました。
    • 会食、神父様からお祝いのカード進呈と恒例のツーショット写真撮影会。
  •      ゲームで盛り上がり、懐かしい歌を楽しみました。


2017年4月23日(日)
   
加藤英雄神父様
 が木更津教会に来て下さいました。どうぞよろしくお願い致します。

2017年4月16日(日)復活の主日 ご復活おめでとうございます
そして 立花神父様とのお別れ! 神父様 お世話になりました。
本当にありがとうございました。どうぞお元気でいらしてください。

2017年4月15日(土) 聖土曜日(復活の聖なる徹夜祭)
  • 復活徹夜祭は「光の祭儀」によって盛大に始まります。「ことばの典礼」「洗礼式と堅信式」「感謝の典礼」
  • 一年のうち最も盛大にキリストの過越しを記念します。
  • 洗礼おめでとうございます 木更津教会は新しい仲間を迎え喜びに満たされました。

2017年4月14日(金) 聖金曜日(主の受難)
  • キリストの受難と死を思い起こす主の受難の祭儀
  • 受難の朗読と盛式共同祈願、十字架の顕示と礼拝が行われました
  •     
  •           

2017年4月13日(木) 聖木曜日(主の晩さんの夕べのミサ)
  • キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うよう命じた最後の晩さんを直接に記念します。
  • 洗足式と聖体安置式が行われました。   

2017年4月9日(日) 受難の主日(枝の主日) 枝の式と行列。受難の朗読
  • 主のエルサレム入城を記念して、各自枝を持って 枝で飾られた十字架を先頭に 司祭と奉仕者に続き、信徒会館から聖堂へ 「ダビドの子」を歌いながら行列をしました。

2017年4月2日(日)四旬節第5主日
  • 四旬節の黙想会(指導・松浦 謙 神父 大阪教区)
    • ミサ後 聖堂で第一講話
                    
    • 昼食後  赦しの秘跡
    • 14:00〜 信徒会館で第二講話
    • 15:00〜 ベネディクション
       とても大切な一日を過ごしました
   

2017年1月1日 神の母聖マリアの祝日  
  • Happy New Year   ミサ後、甘酒で乾杯しました。今年もよろしくお願いいたします
 
Merry Christmas
  • 2016年12月24日(土)19:00〜ミサ    ミサ後  パーティー
  •         25日(日)10:00〜ミサ    ミサ後  茶話会
  •         25日(日)14:00〜ミサ(英語)ミサ後 パーティー
  • 大勢の人に足を運んでいただき、聖堂いっぱいに賛美の歌声が鳴り響きました。
  • 洗礼おめでとうございます
    • 25日 10:00 のミサの中で3名の大人と1名の子どもの洗礼式と大人の堅信式がありました。
    • クリスマスと新しい仲間を迎え、木更津教会は幸せいっぱい、喜びに満たされました。 
     

                      


2016年12月18日(待降節第4主日)待降節の黙想会
  • 指導はサレジオ会の倉橋輝信神父様でした。
    • 「ミサ」の後 「第1講話」、昼食をはさんで 「個別の赦しの秘跡」、「第2講話」、「ベネディクション」と大切な一日をすごしました。
    • ハーモニカの演奏で始まった黙想会、ボリビアの貧しさを伝えて下さるのに暗さは無く、むしろ明るく陽気にお話しをして下さいました。

2016年12月4日(待降節第2主日)クリスマスマーケットが開催されました。

 今年も 東日本大震災復興、そして熊本地震復興を願ってクリスマス・マーケットが開催されました。
「今も 不安な日々を過ごす方々が、少しでも希望をもってくださいます様」お祈りいたします。

被災地の特産品 五島うどん、
おでんトン汁
やきそば
スリランカカレー
無農薬おにぎり オーガニック食品
女子パウロ会
 

美味しそう!
手作りパウンドケーキ
レデンプリスチン
修道会
シトー会
那須の聖母修道院
京都カルメル修道会 十勝カルメル修道会 トラピスト修道院 ミサワイン

カフェ 本格コーヒーと
フルーツティー
ぜんざい
手作り 手作り小物

女子パウロ会 手作りミニロザリオ パパイヤの漬物 さーたーあんだきー

熊本の特産品 東北の特産品 暁星国際学園の手作 はちみつ 山滝野のぎんなん

キッズゲームコーナー
今年も 暁星国際学園聖歌隊の皆さんの心のこもった歌声が聖堂いっぱいに、響き渡りました。



2016年11月13日(日)年間33主日   七五三の祝福をしました。



2016年11月6日(年間32主日)合同追悼式
  • 11月は死者の月です。
  • 本日、ミサの中で『合同追悼式』が行なわれました。
  • 674名の方の名前が書かれた追悼願いを奉納し、皆で心を合わせて追悼の祈りを捧げました。

2016年10月9日(年間第28主日) 洗礼おめでとうございます
  • ミサの中で3名の大人と1名の子どもの洗礼式と 大人の堅信式が行なわれました。
  • 新しい仲間を迎え感謝と喜びに満たされました。
                      


2016年7月18日〜20日(山の教会)

             

   今年も木更津、五井、西千葉の男女計24名が参加して、恒例の山の教会が上高地で開催されました。2日目は焼岳への登山組と梓川・大正池周辺の散策組に別れ、思い思いに自然を満喫いたしました。焼岳登山には男女11名が参加して全員登頂できました。焼岳からの穂高連邦の眺めはただただ美しく、また、梓川・大正池周辺の散策でも日常を忘れる美しさに、ただただ神様に感謝の一言でした。3日目は開通したばかりの上高地トンネルを通って、全員、元気に戻りました(I)。

2016年5月29日(キリストの聖体)

   洗礼式初聖体式が行なわれました。

   9人の子どもたちが初聖体のお恵みをいただきました。

          


2016年5月15日(聖霊降臨の主日
  • 敬老のお祝い会が行なわれました
  • ミサの中で ”病者の塗油の秘跡”を授けていただきました。
  • ミサ後信徒会館でお祝い会がありました。     
立花神父様 ご挨拶のあと、参加して下さった皆さまひとりひとりに記念のカード贈呈とツーショット写真の撮影がありました。
ゲームとクイズそして最後にみなさんで懐かしい歌を歌って楽しいひとときを過ごすことができました。

          

                 


 2016年3月27日 復活の主日 ご復活おめでとうございます
  • 多くの方が主のご復活をお祝いするために集まりました。ミサ後は信徒会館でパーティーがありました。

 2016年3月26日 聖土曜日(復活の聖なる徹夜祭)

     光の祭儀、洗礼式、洗礼の約束の更新が行なわれました。

 2016年3月25日 聖金曜日(主の受難)

     
     受難の朗読、盛式共同祈願、十字架の顕示と崇敬、交わりの儀が行なわれました。


 2016年3月24日 聖木曜日(主の晩さんの夕べのミサ

       洗足式と聖体安置式が行なわれました。

     

 2016年3月20日(日受難(枝)の主日

  • 主のエルサレム入城を記念して、信徒会館から行列を行ない、聖堂に入堂しました。

四旬節の黙想会 2016年2月21日(四旬節第2主日)
        
        指導 森一弘 司教

  10:00〜 ミサ
  
    
  11:15〜 講話@ 聖堂        14:00〜 講話A 信徒会館

            

  12:00〜 昼食

  13:00〜 個別の赦しの秘跡

  15:00〜 ベネディクション
  
 静かな大切な一日を過ごすことができました。


 Merry Christmas
  • 2015年12月24日19:00〜 25日10:00〜 ミサ  
    • ミサ後 24日はパーティー、25日は茶話会がありました。
       

                      
   
             


2015年12月20日(日)待降節の黙想会
  • 指導は神言会司祭の後藤文雄神父様でした。
  •              
    第一講話は聖堂で、昼食と個別の赦しの秘跡の後 第二講話が信徒会館でおこなわれました。
  • 最後にベネディクションで黙想会の一日を終えました。

2015年11月29日(日)CHRISTMASMARKET

  28日、29日と神様のお恵みのもと 素晴らしいお天気でたくさんの方に来て頂きました。

お子さま向けイベント!!

暁星国際学園聖歌隊クリスマス・キャロル


2015年11月28日(土)CHRISTMASMARKET  オルガンコンサート
    
    塚谷水無子さんの演奏と楽しいおしゃべりで盛り上がりました。
    足鍵盤の演奏には皆びっくりしました。
     
                
   
2015年11月15日(日)年間33主日   七五三の祝福をしました。



2015年11月1日(諸聖人の祝日)
  • 11月2日は死者の日です。木更津教会では本日(11/1)のミサの中で亡くなった方の名前を記帳した芳名帳を奉納し追悼の祈りをしました。

2015年7月20日〜22日 山の教会

       山の教会も今年で26回を数えます。数多くの思い出を作って来たこの行事の目的は
      「大自然の中で神様を賛美し感謝を捧げ共に祈りましょう」です。
      今年は、立山・黒部アルペンルートで黒部ダム、室堂から各コース(みくりが池・弥陀ヶ原・
      雄山)に分かれ、素晴らしい自然を楽しみました。
      天候にも恵まれ 全員無事に帰ることが出来ました。感謝!参加者は29名でした。(.T)

           

pppp pppppp ppppppp pppp pppp


2015年6月7日(日)「キリストの聖体」初聖体おめでとうございます

        5名の小学生と2名の中高生が初めてご聖体をいただきました
        侍者と一緒に入堂し、「主の祈り」から祭壇に上がりミサにあずかりました

                   


        

                  


2015年5月24日(日)「聖霊降臨の主日 敬老のお祝い会

        ミサの中で病者の塗油を授けていただきました。

        ミサ後 信徒会館で会食とお楽しみ会がありました。
             お楽しみ会は男女対抗クイズ大会でした。みんなで懐かしい歌も歌いました。

               

                    

             

                 


2015年4月5日(日)「復活の主日」 ご復活おめでとうございます

 10:00よりミサが行なわれました。ミサの中で二人の子どもが洗礼を授かりました。

             


 ミサ後は信徒会館でお祝いのパーティーが催されました。

           

2015年4月4日 聖土曜日 復活徹夜祭

 死から命へと歩まれた主の過ぎ越しを祝うミサが光の祭儀によって盛大に始まりました。
火の祝福、復活のろうそくに火がともり 司祭と侍者が祭壇に向かって行列、復活ろうそくから各々のろうそくに火がともされ、復活賛歌が歌われました。

 二つの第一朗読・第二朗読・福音書の朗読と説教の後、再び復活のろうそくから各々のろうそくに火がともされ、祝福された水を司祭からふりかけていただき、洗礼の約束の更新をしました。
2015年4月3日 聖金曜日 主の受難

 この日はキリストの受難と死を思い起こす典礼がささげられます。
ヨハネによる主イエス・キリストの受難が朗読されました。
 盛式祈願が行なわれました。その後、十字架の顕示と礼拝が行なわれ、各々十字架の前に進み、崇敬を表しました。

2015年4月2日 聖木曜日 主の晩さんの夕べのミサ

 聖木曜日の夕刻に行なわれるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念として行なうよう命じた最後の晩さんを直接に記念します。
イエス・キリストのみことばに従って洗足式が行なわれました
 
 聖体拝領の後、聖体安置式が行なわれ、司祭と侍者を先頭に、聖堂から信徒会館へと行列しました。
安置された聖体の前で 各自祈りをささげました。

2015年3月29日(日)受難の主日
この日の典礼は信徒会館から始まりました。
枝を祝福していただき、信徒会館から聖堂へ
「エルサレム入城」を記念する歌を歌いながら行列しました。
マルコによる主イエス・キリストの受難が朗読されました。
今日から聖週間がはじまります。



黙想会 2015年3月1日
      指導 雨宮 慧 神父(東京教区)
      四旬節第二主日当日の第一朗読 創世記、第二朗読 ローマの信徒への手紙、
      マルコによる福音書のとても解りやすいていねいな説明とお話でした。
      個別の赦しの秘跡、ベネディクションと静かな大切な一日を過ごしました。
2015年1月1日(木) 神の母聖マリア 10:00 新年のミサ
      新年おめでとうございます。甘酒で かんぱ〜い しました

2014年12月24日19:00〜 25日10:00〜 ミサ
     Merry Christmas クリスマスおめでとうございます
   
24日夜半のミサ 25日日中のミサで主のご降誕をお祝いしました
両日とも大勢の方々がミサに預かりました
24日パーティー 25日茶話会が催され
楽しい時間をすごしました 

黙想会 2014年12月21日 
       嘉松宏樹神父(長崎教区)より指導をうけました
       講話、赦しの秘跡、ベネディクションと祈りのうちに静かな一日をすごしました
2014年11月23日 クリスマス・マーケット
     


王であるキリストの主日のミサ後

教会全体が協力し合い、東日本大震災復興支援、フィリピン共和国災害支援を目的に開催しました
当日は天候にも恵まれ大盛況でした
ママシンガーYUKARIのコンサート
YUKARIさんと暁星国際学園聖歌の
コラボレーション

七五三の祝福 2014年11月9日 
       5名の子どもたちが祝福を受けました。おメダイと飴がプレゼントされました。

死者の日 2014年11月2日 
       合同追悼ミサが行なわれました
       当日は復活のろうそくが灯され、芳名帳を奉納、献香し、心を合わせて追悼の
       祈りをささげました。

2014年8月10日 平和旬間
       木更津教会を会場に行われました。
       平和祈願ミサ、報告会(コンゴ 東チモール支援)、交流会が行なわれました。
       多くの方の参加をいただき、とても盛況でした。

敬老のお祝い会  2014年6月8日 聖霊降臨の主日
     
 27名の方が出席、ミサの中で病者の塗油の秘跡を授かり
       ミサ後 食事とお祝い会が行なわれました。
       神父様からカードのプレゼント 写真撮影もあり笑顔がステキでした。

洗礼式 2014年4月19日 聖土曜日
      復活徹夜祭    

        復活徹夜祭のミサでお二人の方、
        4月20日 復活の主日に1人、5月4日に3人のこどもの洗礼式がありました

堅信式 8月4日 
  岡田大司教をお迎えして主日のミサの中で堅信の秘跡の式を行いました。
  12人の方々が堅信の秘跡を授かりました。受堅された皆様おめでとうございます。
  受堅の記念として大司教様から、聖書が一人一人に手渡されました。
  ミサ後岡田大司教を囲んで祝賀パーティーを行いました。
          
        岡田大司教様を囲んで、喜びの受堅者と代父母の皆さん

         

         
敬老のお祝い 5月19日
  1943年以前にお生まれになった方々を対象とした敬老のお祝いを行いました。
  92名の方々にご案内し、30名の出席でした。


黙想会 3月3日、10:00-15:15
  指導:山口雅稔神父(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)
  ルカによる福音書15章1節〜32節をテキストにした講話で指導を受けました。
 プログラム
  
10:00-11:00、ミサ(聖堂)
  11:15-12:00、第一講話(聖堂)
  12:00-12:45、昼食(各自で)
  12:45-13:45、個別のゆるしの秘跡(聖堂)
  14:00-14:45、第二講話(ホール)
  15:00-15:15、ベネディクション(聖堂)

「木更津教会クリスマスマーケット(写真)」大盛況でした
11月25日(日)に行われたクリスマスマーケット,当日は天候に恵まれ,大盛況のうち終了いたしました。
クリスマスカード等の物品販売やバザー,焼きそば・豚汁・おでん・パウンドケーキ・フィリピン料理などなど(他にもたくさん),どのブースも好評でした。暁星学園学生の皆さんの演奏会も素敵でした。スタッフ及び関係者の皆さま,本当にご苦労様でした。
今回,マーケットでの収益は,すべて東日本大震災被災地の支援とさせて頂きます。皆さま,ご協力ありがとうございました。

  2012年4月14日(土)安房上総宣教協力体行事の遠足

 館山教会を会場に行なわれ4教会から80名ほどが参加した。木更津は大型バスを手配し56名が参加。雨天であったが、いちご狩りなどを楽しんだ。女性の方、子供たちは大はしゃぎでいちごをほうばっていました。
 大変、すばらしい時間を過ごすことができました。


    


 

  2012年4月8日(日)復活祭

 今日は朝から復活祭後のパーティの準備でたくさんの方がお手伝いして下さいました。
 心より感謝いたします。

 復活のごミサの間に聖堂では洗礼式があり、晴れてお一人が私たちカトリック教徒の仲間入りを果たしました。教会は例年よりたくさんの人でにぎわっていました。
 ごミサ終了後は、待者の女の子が笑顔でイースターエッグを配ってくれました。
 パーティのごちそうを大変おいしくいただきました。共同体の一員としてご復活にかかわることができて皆さんの顔には幸せが溢れていました。

 主の御復活おめでとうございます。神を賛美しつつ..。

 
  



  2012年3月18日(日)四旬節の黙想会(油谷弘幸神父)


 油谷弘幸神父は、自分自身の「生きづらさ」からカトリックの神父となることを選んだという。自分がそれまで生きてきた家族や地域のムラ社会的な雰囲気になじめなかったという
。カトリック教会ではホームレス支援に力を入れて活動してきたそうです。
 黙想会のテーマは、「カテキズム」「マリア様」で、「カトリック教会がマリア様について信じることは、キリストについて信じることに基づいており、また一方では、マリア様について教会の教えが、キリストへの教会の信仰を解明していく」という内容のお話を聞かせていただきました。
 ユーモアと笑いが溢れる、充実した黙想会でした。

  

  2012年1月8日 東日本大震災ボランティアの方による講話

    
石川薫・志乃夫妻による心温まるお話を聞くことができました

    講話内容 写真

  12月24日 19:00 Xmas夜半のミサ終了
 

  写真用紙に印刷すると素敵です。
  家族や友人、恋人へのプレゼントに添えてあげましょう。
 
  12月18日 英神父様ご指導による黙想会

    英神父様による黙想会は、信仰と祈りの基本に立ち返るというシンプルだが、大変有
   意義なものであった。
    黙想を通じて、私たちが神から「愛されていること」に気づき、味わうことで神さまの心
   に触れていくのだという。
    黙想会を聞いた私たちは、神さまの恵みの味わい方をより深く学ぶことができた。
    神父様の笑顔が印象深い黙想会であった。
      


  8月6日(土) 2011年平和旬間

    8月6日安房上総宣教協力体による2011年平和旬間の祈りの集いガ、幸田和生
   司教、千葉地区司祭団の司式のもと、五井教会において千葉地区合同ミサが行わ
   れました。
    当日はミサに先立って長崎での被爆者の方の体験談講演と、前教皇ヨハネ・パウ
   ロ二世の「広島平和アピール」が宣言され、国際ミサが荘厳のうちにも和やかな雰
   囲気の中で進められ、千葉地区内の各教会から多くの人々が参加され、盛大な祈
   りの集いとなりました。特に今年の平和旬間は東日本大震災の発生で地震、津波、
   原発事故の苦難が人々の心の中に強く印象づけられた結果となり、文字通り平和
   を祈念する思いが一層深められる事となったものと思います。


    


 
  7月17日(日) 山の教会

   
 恒例の山の教会が7月17日(日)〜19日(火)開かれました。
     今回はいつも出席する西千葉教会の他に五井教会からも参加
があり、総勢36
    名でした。
     参加した人は3才から80歳までの老若男女(圧倒的に”老い”が多いですが)で、
    ニッコウキスゲの咲きほこる尾瀬沼を楽しみ・自然あふれる檜枝岐での朝夕の祈
    り、ミサで素直な厳かな気持ちになり、たくさんの語らいの中で大いに満足しました。
     帰りは福島県の小名浜に寄り、少しですが被災地を体験し、被災した皆さんとの
    ”絆”を強める気持ちを再認識し、帰ってきました。


     



  6月12日 笑顔あふれる敬老会

    ささやかながら敬老会が開かれました。
    教会に何十年も通われているという方がたくさんいることに大変驚きました。
    お昼ごはんには沖縄でよく食べられるお茶漬けが振る舞われました。

 
 
           


    お腹も心もいっぱいに^^

     楽しく過ごしたこの ”瞬間(ひととき) ” は、

      皆さんのいい思い出になるでしょう。

                                                        
                                              



   6月4日 バイオリンコンサート

 
   オルガンの伴奏でヴァイオリンがうたう...。
    お聖堂いっぱいに祈りのようにそのメロディーが流れました。

    なんて、おちついた、心地の良い、しかも充実したひとときなのでしょう。
    じっと聞き入る観客の心を じわじわと熱く...していきました。

    

   
 また来年も。おたのしみに!!





                      白 井 麻 友 さん

                                             


   暁星国際中・高等学校を経て,2008年3月,東京芸術大学を卒業。
   第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国1位。兎束賞,東儀賞,
   都築音楽賞,日本放送協会賞,受賞。

   平成16年度,19年度,チェンバロの勝谷祥子氏と共に文化庁新進芸術家公演
   事業出演。
   2009年9月より兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー






                      勝 谷 祥 子 さん

                                


   千葉県立君津高等学校卒業。東京芸術大学器楽科チェンバロ専攻(現古楽科)
   卒業及び同大学大学院音楽研究科音楽学音楽教育専攻修了。

   第33回日本音楽教育学会にて「共同研究 音楽教育史の再検討(3)
   〜誠之国民学校の文書資料に見る当時の音・音楽の諸相〜」を発表
   (金城学院大)

   東京芸術大学非常勤講師,立教女学院短期大学助手を経て、
   現在淑徳大学専任講師,および共立女子大学,日本児童教育専門学校非常勤
   講師。




  4月24日 大震災から立ち直る釜石

    事務局長の藤井さんが4月22日から24日にかけて大震災後の釜石に帰郷致し
    ました。
    木更津教会の皆さんから頂いた義援金を釜石教会と仙台教区に届けて参りまし
    た。


    


    釜石教会は市民と一体となって復興に取り組んでおります。
    信者の皆さんは多くの御支援に心から感謝しておりました。

    事務局からもお礼の一言を述べさせて頂きます。
    ありがとうございました。




  4月3日 後藤神父様ご指導による黙想会

    東日本大震災を中心とした大変有意義な黙想会でした。
    神父様の悲惨な戦争体験と重なり、テレビの映像を見て胸を痛めたそうです。


    出席者は60名を超え、大盛況の黙想会でした。
    幼少の頃の貧しさや神父になった経緯については、ユーモアを交えてお話して頂
    きました。

 
    


   後藤神父様の紹介
   本名後藤文雄。1929年新潟県長岡市に生まれる。

   1950年 カトリックの神言神学院に入学。
   1960年 カトリック司祭となる。
   1981年 カンボジア難民の子供を初めて引き取り、以後1994年まで14人の難民
          を育てる。
   2007年 長岡市主催の米百俵賞、毎日新聞主催の毎日国際交流賞を受賞


   主な著書に
    『カンボジア発 ともに生きる世界−里子を育て支援を広げる神父の目から』
    (女子パウロ会・2001年)
    『よし!学校をつくろう 神父ゴッちゃんの履歴書』(講談社・2007年)がある。







Home